鉄道

HOTSTARTは、1965年から機関車のアイドリングストップ、コスト削減を実現する製品を提供しています。エンジンヒーターによってエンジンを38℃(100°F)以上に保温すれば、極寒環境であっても、停止中の機関車エンジンを簡単に始動できるようになります。何時間もアイドリングをつづける必要はありません。これによって燃料使用量を大幅に削減できるので、直接的な収益改善につながります。まずは燃料消費量計算ツール(英文)で、削減可能な燃料費を計算してみてください。当社は、エンジンヒーターのエキスパートであり、お客様のニーズに的確に対応いたします。

HOTSTARTの鉄道向け製品についての詳しい情報は、ホットスタート アジアパシフィック合同会社(japan@hotstart.com)までお問い合わせください。

Celebrating 75 years 1942–2017