データセンター

データセンター

IoTの普及によりインターネット上でのデータ通信量が増加する中、データセンターの役割は以前より重要になります。数多くのサーバーが集まるデータセンターでは停電時でも安定した電力供給ができるよう非常用発電機は不可欠です。

ポンプ搭載の弊社HOTflow®は従来のヒータと比較してランニングコストが低いだけでなく、温度起伏を減らし、エンジンをより均一に、そして、より効率的に保温が可能です。弊社のHOTflow®へ置き換えることで、短期間でより高い節電効果が望めます。

データセンターにおける非常用発電機向け予熱ヒータの性能試験

HOTflow(強制循環式)と自然対流式ヒータとの性能比較試験

HOTflow予熱ヒータに置き換えた場合の概算節電料金の算出 - ヒーター節電効果計算ツール

非常用発電機向け予熱ヒータ(データセンター):

HOTflow®

CKMモデルはディーゼルまたはガスエンジンを予熱・保温することで、瞬時にフルパワーで始動でき、エンジン主要部の摩耗も最小限に抑えることができます。

従来の自然対流式ヒーティングシステムをCKMモデルのヒーターに簡単に置き換えることができます。機械制御タイプのポンプとカスタム設計されたポンプの渦巻構造、そしてステンレス製のタンクを備えたCKMエンジンヒーターは、自然対流式のシステムと同様のサイズとオプションを提供します。また、垂直、水平のどちらの向きでも設置可能なので、効率的な強制循環型システムに簡単迅速…

read more

CSMモデルはポンプ搭載の強制循環型クーラントヒーティングシステムです。

HOTflow® CSMエンジンヒーターは、HOTflow®シリーズの中でも、もっとも強力なポンプ(流量10 GPM/38 L/min)、ヒーティングエレメント(最大12 kW)を採用しています。CSMのヒーター電力とエネルギー効率の高い設計により、排気量100 Lまでの大型エンジンにおいて、コストのかかる自然対流式ヒーターを置き換えるのに最適なヒーターとな…

read more

CTMモデルは多様な小型エンジンへの設置を可能にする強制循環型クーラントヒーティングシステムです

HOTflow® CTMシステムは、手のひらサイズの超小型ポンプを搭載し、強制循環式の採用により、効率的な加熱を実現します。短時間、低コストでより均一的なエンジンの予熱・保温ができます。排気量20 Lまでの幅広い耐候性小型エンジンに対応します。UL/C-US認証モデルやCE準拠モデルなどもご用意しています。

付属の設置用ブラケットは、多様な設置環境に対応で…

read more