HOTflow®

HOTflow®強制循環型エンジンヒーターは、クーラントを加熱し、内蔵ポンプで循環させ、エンジン全体を均一に予熱・保温するポンプ一体型エンジンヒーターです。稼動中はクーラントが常に循環しているため、エンジンの局部加熱によるヒーターホース、エンジンシールの劣化や、クーラント性能劣化、寿命の短縮を最小限に抑えることができます。HOTflow®エンジンヒーターは、ヒーティングのサイクルを少なく抑え、エネルギー消費を最大で35%節約するとともに、ヒーターエレメントの寿命を延ばし、メンテナンス作業を削減できます。

HOTflowの特長についての詳細資料はHOTflow エンジンヒーター – 消費電力を抑えて電力需要に応えるをご参照ください。

対象となる市場:パワージェネレーション重機トラック・バス船舶鉄道

CSMモデルはポンプ搭載の強制循環型クーラントヒーティングシステムです。

HOTflow® CSMエンジンヒーターは、HOTflow®シリーズの中でも、もっとも強力なポンプ(流量10 GPM/38 L/min)、ヒーティングエレメント(最大12 kW)を採用しています。CSMのヒーター電力とエネルギー効率の高い設計により、排気量100 Lまでの大型エンジンにおいて、コストのかかる自然対流式ヒーターを置き換えるのに最適なヒーターとな…

read more