製品検索に戻る

DLVクーラント・オイル統合電気ヒーティングシステム

セクター

  • 機器
  • エネルギー
  • エンジン

対象分野

DLVモデルはエンジン暖機やオイル保温を目的としたクーラント・オイル循環式ヒーティングシステムです。
DLVモデルはエンジン暖機やオイル保温を目的としたクーラント・オイル循環式ヒーティングシステムです。

HOTSTARTのDLVクーラント・オイル統合電気エンジンヒーターは、クーラントとオイルの予熱・保温を行い、機関車の原動機、発電機のディーゼルおよびガスエンジン、船舶、採掘機器を温めます。機関車および機械に利用する場合、機関車が車両基地にあったり、機械が格納場所にあって使用されていないときに、ヒーティングシステムを陸上電源に接続することができます。船舶の場合、着岸させているときに陸上電源から電力を供給するか、または航海中に船舶に搭載された発電機から電力を供給できます。 

DLVヒーティングシステムでは、クーラントとオイルの両方を予熱・保温してエンジン全体に循環させることで、不要なアイドリングをなくし、燃料消費を削減できるとともに、エンジンの潤滑油によって最適な始動温度が維持されます。DLVヒーティングシステムは最大300 Lの排気量のエンジンの予熱・保温を行うことができ、精度の高いPT-100温度センサーを搭載しています。ユーザーは、クーラントおよびオイルを予熱・保温する適切な温度を自身で簡単に調整できます。

DLVの制御盤には、側面に取り付けられた便利なコントロールと、取り外し可能な蓋が備わっており、機器設置スペースが限られている場所でも柔軟な設置が可能です。全体としての設置スペースをさらに小さく抑えるために、モジュール式のDLVシステムも用意されています。モジュール式システムでは、ポンプおよびタンクをエンジンの配管の開口部近くに設置し、制御盤をオペレーターが操作および監視しやすい場所に配置できます。

防爆仕様ではありません。

ヒーティング情報

被加熱流体①

  • クーラント/ 水

ヒーター電力①

  • 24 kW
  • 30 kW
  • 36 kW

被加熱流体②

  • 潤滑油

ヒーター電力②

  • 6 kW
  • 9 kW
  • 12 kW

電源仕様

電源

  • AC, 三相, 60 Hz
  • AC, 三相, 50 Hz

電圧

  • 208
  • 220
  • 240
  • 380
  • 415
  • 400
  • 480
  • 575

電源接続

  • ケーブル接続

制御温度範囲

制御温度範囲①

  • 0–80°C (32–176°F), 可変

上限温度①

  • 90°C (195°F)

制御温度範囲②

  • 0–80°C (32–176°F), 可変

上限温度②

  • 149°C (300°F)

設置タイプ

  • 壁掛
  • モジュラ―

吸水口① / 排水口①

吸水口①

  • 1” NPT

排水口①

  • 1” NPT

吸水口② / 排水口②

吸水口②

  • 1” NPT
  • 1.5” NPT

排水口②

  • 1” NPT

防塵・防水性能

制御盤保護等級

  • NEMA 4
  • IP66

クーラント保護等級

  • IP55

オイル保護等級

  • IP55

準拠規格

  • CSA C/US
  • CE 規格認証モデルあり

関連製品

APUモデル(補助電源装置)は低温環境下においてエンジンを予熱・保温するため、アイドリング(エンジンの無負荷稼働)なしで、再始動が可能です。

HOTSTARTの補助電源装置(APU)ヒーティングシステムは、機関車の原動機向けの、自給式の冷却水/クーラントおよびオイル予熱ヒーターです。APUは、効率的なTier 4 Finalエンジンを利用しており、アイドリングを行った場合の機関車の燃料のわずか一部しか消費せずに、4つの熱交換ポイントおよび組み込みのタンクヒーターから熱を供給します。機関車、潤滑油、…

read more

CLVモデルはエンジン暖機やコストのかかるアイドリング時間削減を目的とした、大型強制循環式クーラントヒーティングシステムです。

HOTSTARTのCLV単一流体電気エンジンヒーターは、クーラントの予熱・保温を行い、機関車の原動機、発電機のディーゼルおよびガスエンジン、船舶、採掘機器を温めます。機関車および機械に利用する場合、機関車が車両基地にあったり、機械が格納場所にあって使用されていないときに、ヒーティングシステムを陸上電源に接続することができます。船舶の場合、着岸させているときに…

read more